【速報】SPECIALIZED AETHOS 588g “史上最軽量のディスクブレーキロードバイク”

スポンサーリンク

2021-specialized-aethos-roval-alpinist-three-quarter-1

スペシャライズドがAethos(エートス)を発表した。新モデルは完成重量が5.9kg、フレーム重量が588gという軽量バイクで、”史上最軽量のディスクブレーキロードバイク”だという。それでいてライダーファーストエンジニアードにより乗り心地も両立している。

ディスクロードバイク史上最軽量であるが、AethosのフレームはUCI公認だ。レース用には設計されていないため、6.8kgの最低重量制限を大きく下回っている。SPECIALIZEDが掲げたAethosの開発目的は、エアロダイナミクスよりも「ハンドリングと乗り心地の良さ」を優先したバイクだ。

これまでのプロが対象ではなく、競技規則に縛られない究極の高性能ロードバイクを求めるライダーを対象にした。

スポンサーリンク

カーボンの魔術師ピーター・デンク

Aethosは、スーパーシックスエボやスコットアディクトを生み出したカーボンの魔術師こと「ピーター・デンク」が開発した。

ピーター・デンクは、ペダリングの力やコーナリングの力など、フレームにかかる力がどのようにフレームに及ぼされるのかを追求したという。最適なチューブ形状を見つけるために、スペシャライズドのスーパーコンピューターで解析とシミュレーションが行われた。

2021-specialized-aethos-down-tube-1

カーボンの積層を追求していくことで、S-Works TARMAC SL6と比較して、材料を11%削減することに成功したという。チューブの肉厚自体はフレーム全体で確保しているが、積層が少ないため、全体の重量は大幅に減少している。

S-Works AethosはFACT 12rカーボンとレイアップテクノロジーを採用している。そして、フレームの重量は最も軽量なカラーリングでわずか588gだ。この重量は、56cmフレームの平均的な重量である。スペシャライズドによると、Aethosは重量に対する剛性の点で、Canyon Ultimate CF Evo 10.0 LtdやCervelo RCAのような主要なライバルよりも優れているという。

2021-specialized-aethos-bb-1

重量がかるすぎると、フレームの耐久性に不安がある。しかし、スペシャライズドによれば、S-Works Aethosは他の同種のバイクと比べても弱いというわけではなく、ライダーの体重制限は125kgだ。

Aethosは最近発売されたターマックSL7と同様に68mmのBSAネジ式ボトムブラケットを採用し、27.2mm径のシートポストが取り付けられる。142×12と100×12のスルーアクスルが付属し、フラットマウントディスクブレーキ仕様だ。

スポンサーリンク

重量

2021-specialized-aethos-fork-crown-1

56cmのS-Works Aethosの塗装済みフレーム重量は、サテンカーボン/ジェットが588g。その他の仕上げでは25~45g増となっている。S-Works Di2モデルの重量は、カーボン/カメレオンレッドゴールドで6kgだ。

フレームサイズによって重量も異なることが公開されている。サテンカーボン/ジェットの49cmフレームは平均550gだ。61cmフレームは643gであり、サイズが小さければ小さいほど軽量である。前述の通り、Founder’s Editionの重量は5.9kgだ。

スポンサーリンク

ジオメトリー

2021-specialized-aethos-geometry-1

AethosのジオメトリーはTarmac SL7と同一(スタックとリーチは若干異なる。

スポンサーリンク

The All-New Aethos

Homepage
From seasoned pros and weekend warriors to kids and commuters, if you ride, we’re here for you. We believe that bikes have the power to change lives, and this simple truth drives us to be and do bette...
スポンサーリンク

価格

フレームセット価格は55万円だ(49サイズの重量550gにかけたわけではない)。TARMAC SL7のようにステムが付属していないため若干高い価格設定だ。

スポンサーリンク

まとめ:史上最軽量のディスクロード

「ディスクロードは重い」という話は過去のものになった。Aethosの登場はディスクロードバイクの転換点になるのかもしれない。ロードシーンがVENGE一色になったように、アマチュアのヒルクライムシーンでAethos一色になることも十分考えられる。

しかし、SPECIALIZEDが掲げてきた「エアロこそすべて」というスローガンに沿うならば、TREKの「クライミングダイナミクス」のように重量とエアロ性能を総合的に考えたAethosの優位性もアピールする必要がある。公式にはそのようなデーターは公開されていないが、速く走るための要素として必要なのは軽さと、エアロ性能だ。

純粋にフレーム重量の軽量化がどれほど速さに結びつくのかは未知数だ。しかし、軽さこそすべてのホビーライダーにとっては、「史上最軽量のディスクロードAethos」が最も理想に近づく1台であることは間違い。

最速ヒルクライマー8人が教える ヒルクライムテクニック
ロードバイク研究会(監修), ロードバイク研究会(編集)
日東書院本社 (2020-07-20T00:00:01Z)
5つ星のうち4.7
¥1,870
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。