2018年おすすめ記事ランキングベスト10〜良さそうな記事あつめました〜

スポンサーリンク

cup-1615074_1280

今年も一人でせっせと機材を買って、試して、記事を書きました。トレーニングと同じく日々更新はなんとか達成できたかと思います。伸びた記事、伸びなかった記事、炎上して予想外に伸びてしまった記事などたくさんの記事が世にでましたが、いち個人の私目線の記事を書いていこうとおもいます。

今回は、そんな2018年に公開した全記事の中から、PV数関係なく個人的におすすめする記事をピックアップしてご紹介します。

スポンサーリンク

第10位:使用済みサイクルジャージを買取り業者ビチアモに出した結果www

使用済みサイクルジャージを買取り業者ビチアモに出した結果www
ざっくり言うと↓買い取りは簡単。思ったより高く売れた。査定額が不満なら返送無料!いつの間にか、普段着よりもサイクルジャージの方が増えていた。気づけばタンスの引き出しのほとんどを、サイクルジャージが埋め尽くしている。休日しか出番がないジャージたちが、暗いタンスの底で眠り続けていたことに驚きを隠せなかった。いつの間にか、知らぬ間に、少しずつ増えていたのだ。更に厄介なことがあった。気...

ビチアモさんに買い取りしてもらった記録です。買取金額も全部載せてます。掲載後にビチアモさんから連絡が来ました。お店に怒られるかと思いきや、最後はアワイチをするという超展開に。また来年も走りたいですな。いらないジャージ売ろうっと。

DAY8 淡路島150km TSS 380 ビチアモさんライドに参加
8日連続走ってもまったく体が疲れない。その理由は、多分あれだ。あれしか無い。 ビチアモさんのアワイチライドに参加させていただきました。普段はノンストップアワイチで補給も自転車の上ですが、本日は休憩をはさみながら、走る感じで。しかし要所要所でしっかりと上げて運動強度も高め。TSS380 ああ、書きながらだけど眠い・・・。 8:00に集合して出発。西社長が一瞬どこに居るのかわからなかった。ジャ...
スポンサーリンク

第9位:質問箱

質問箱です。500件以上の質問をいただきました。ご返信できたのは100件ほどです。また機会をみて継続的にやっていきたい企画です。

【第9回】匿名の質問箱 おすすめのカーボンクリンチャーは? 他17件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年3月19日思い出したように回答する質問箱です。とはいいつつも頂いた質問が釣りだろうとなんだろうと、基本的にマジレスしていくこの企画。前回から時間がかなり経過してしまいましたが一つ一つお返事していきたいと思います。カーボンクリンチャーのおすすめは...
【第8回】匿名の質問箱 モチベーションがあがらないのですが・・・。 他9件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年3月19日 思い出したように回答する質問箱です。 とはいいつつも頂いた質問が釣りだろうとなんだろうと、基本的にマジレスしていくこの企画。前回から時間がかなり経過してしまいましたが一つ一つお返事していきたいと思います。 いつ休んでんの? ...
【第7回】匿名の質問箱 いつブログ書いているんだよ 他13件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年3月19日 この質問箱があるのをすっかり忘れていました(-_-;) とはいいつつも頂いた質問が釣りだろうとなんだろうと、基本的にマジレスしていくこの企画。前回から時間がかなり経過してしまいましたが一つ一つお返事していきたいと思います。 おま...
【第6回】匿名の質問箱 「女子ソロに男子が混じって引く事案」他15件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年3月19日 レース明けだから、ゆっくり回答するよー! 女子ソロに男子が混じって引く事案 これは良くある事案ですね・・・。レベルが高い女子カテゴリと、中年のオッサンカテゴリの混走レースに良くある走行テクニック(良いか悪いかは別として)だそう...
【第5回】匿名の質問箱 「我が子にロードレーサーの道を勧めるか?」他14件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年2月15日いつも面白い質問ありがとうございます。質問のタイプは「人生相談」「機材相談」「愚痴」が多いです(笑) 中には「つまんねぇ記事書いてんじゃねぇよ!」という生暖かいお言葉を頂いたりしますが、申し訳ありません、ブロック機能を知ったのでポチっとな...
【第4回】匿名の質問箱 「軽量フレームって意味あんの?」他9件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年2月26日一つ一つ目を通してますが、本当にいろんな質問が来て面白いです。やはり機材系のネタが多いですが、人生相談なんてのもあって、悩み多き時代を痛感しています。相変わらず誹謗中傷は耐えませんが(・∀・)、それよりも応援メッセージがあって涙なしでは読...
【第3回】匿名の質問箱 「嫁さんは自転車乗りが良いか?」について。他14件
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年2月26日 嫁さんは自転車乗りが良いか 自身を持ってオススメします(震え 質問自体は、質問界のLightweightマイルシュタインオーバーマイヤーとでも言いましょうか......。回答に困りますが、せっかく質問を頂いたので回答させて...
【第2回】匿名の質問箱 あなただけの一問一答に回答してみた。
IT技術者ロードバイクの質問箱です。ご質問をいただいた中からピックアップして記事化します。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年2月15日 簡単に、匿名で、質問を当ブログに送れる質問箱に回答するこのコーナー。質問来なければ打ち切りだったのですが、予想以上に質問の数が多くて、さばききれないという。。。上記のTweetをクリックしていただくと質問を送ることができます。では...
【第1回】匿名で質問を送れる質問箱に回答してみた
IT技術者ロードバイクの質問箱β版です。 IT技術者ロードバイク (@FJT_TKS) 2018年2月6日 簡単に、匿名で、質問を当ブログに送れる質問箱を試験的に設置しました。上記のTweetをクリックしていただくと質問を送ることができます。なお、「迷惑防止機能」を強にしているため、○ね、とか、ち○○、う○○、年収〜、アフィ〜、とかはそもそもフィルタリングされて届くことすらありませんが、うま...
スポンサーリンク

第8位:【ぜんぶ公開!】RETUL リテュールバイクフィッティングを受けた結果

【ぜんぶ公開!】RETUL リテュールバイクフィッティングを受けた結果
ざっくり言うと↓ フィッティングの「見える化」。 精度は0.4mm単位。 もっと早く受けていれば・・・。 RETULのフィッティングをもっと早く受けておけば良かった。後悔さきに立たずとは、まさにこのコトである。RETUL(リテュール)はスペシャライズドが展開しているバイクフィッティングサービスだ。体に特殊なセンサーを取り付け、3Dモーションキャプチャーを使用しながらライ...

早くやっとけばよかったなぁ、とおもうのがこのフィッティングです。にしても技術は進歩してますね。モーションキャプチャーであっさりと最適なポジションが計測できる。今度はマウンテンバイク用のポジション出しをRETULでやってみようと思っています。

スポンサーリンク

第7位:新型セパレートワンピ2.0 「スケスケ素材」を使った軽量爽快ウェア

新型セパレートワンピ2.0 「スケスケ素材」を使った軽量爽快ウェア
昨年の乗鞍において、森本選手が使用していた「スケスケワンピ」がついに製品化された。ゴールデンウィークという絶好の機会で販売が開始されたため、私はいち早くテストすることにした。前作のセパレートワンピ1.0(勝手に命名)はチームェアとして使用してたものの、新型のセパレートワンピ2.0(正式名称:メッシュセパレートワンピース)は今回の使用が初めてだ。言ってしまえば前作1.0と最新作2.0はもはや別...

1位に持ってきたいぐらいのセパワン。レースから普段使いまでこれ一枚です。なにより洗うのが1枚なのが良いですね。オリジナルデザインコラボジャージも作りました。また企画しています。

新型冬用セパレートワンピースとデザイナーコラボ BLACK MANBA発売!
お前があきらめるということは、だれかが勝利を手にするということだ。 コービー・ブライアント NBA史上最高のプレーヤーのひとり、コービー・ブライアントの言葉である。バスケットボールのプレーヤーの言葉であってもサイクリストに響くものがある。5度のNBAチャンピオン、18年連続のオールスター選出、4度のオールスターMVP。コービーほどのトップスタープレーヤーであれば、才能の塊だと誰もが...
新型セパワンが2.1へアップデート!アーティストコラボしたデザインジャージが登場!
「ペンローズの三角形」という不可能図形がある。名前は聞いたことがないかもしれないが、図形はどこかで見たことがあるかもしれない。 この三角形は、スウェーデンの芸術家オスカー・ロイテルスバルトが考案したペンローズの三角形だ。だまし絵で有名な芸術家マウリッツ・エッシャーも不可能図形を多く扱ったが、その発想の一部となったのもペンローズの三角形だった。 この図形が面白いのは、なぞるように一辺を追いか...
スポンサーリンク

第6位:スポーツ栄養学 科学の基礎から「なぜ?」にこたえるを読んだ感想

スポーツ栄養学 科学の基礎から「なぜ?」にこたえるを読んだ感想
我々のような自転車競技を行う競技者にとって本書「スポーツ栄養学 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる」は大変有益な情報で溢れている。自転車競技というのはレース中に補給をする稀なスポーツだ。そしてレースに挑むまでの節制した生活、レース直前のエネルギー補給、そしてレース後の回復と、「食べ物」と密接に関係している。 食べ物が成績に直接影響する自転車競技だから、一つ一つの食べ物に神経をとがらすのも無理...

この本のおかげで、食べ物に関する迷いがなくなりました。タンパク質の摂取量から最適なスポーツドリンクの濃度まで。そして栄養学の本なのに「インターバルトレーニング」の効率的なやりかたまで書いてあるという良書。海外プロ選手も実践している、「Sleep-Low法」の細かいやり方が書いてあります。

スポンサーリンク

第5位:世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニングを読んだ感想

世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニングを読んだ感想
世界最高レベルのサイクリストたちは、どんなトレーニングに取り組んでいるんだろうか。圧倒的なスピード、強烈なパワー、美しいフォームは同じ人間だとは思えない。しかし、そんなトップレベルのサイクリストたちであっても、私たちと同じように「トレーニング」に取り組んでいる。 しかし内容や取り組み方は、いままでそれほど明らかにされていなかった。 世界レベルのロードレースで活躍するような選手たちであろうと...

今年は良書が多かったです。その中でもこの本。かなりマニアックな話題と、込み入った内容。トレーニング本というわけではなく、トレーニングにまつわる私達が知らないことが事細かに書かれています。西薗良太氏に感謝です。

スポンサーリンク

第4位:新型 MET TRENTA インプレッション セミエアロヘルメットの最適解へ

新型 MET TRENTA インプレッション セミエアロヘルメットの最適解へ
ざっくり言うと↓ OGK頭ならピッタリ。 フィット感マジで最高。 カヴのMANTAより空力が良いとか何。 私にとってMETというブランドは「マークカヴェンディッシュが使用するブランド」というイメージしか持っていなかった。日本人が愛用するヘルメットといえばもちろんOGK(大阪グリップ加工)だし、日本人の頭の形をよく研究している。海外製のヘルメットといえば、細長い楕円のよう...

いままでOGK一択だったんですが、久しぶりに良いヘルメットだなと思ったMETのTRENTA。かぶり心地、あご紐の作り、エアロダイナミクス、フォルムと非の打ち所がありません。MET MANTAも買おうかなと悩んでいるところ。

スポンサーリンク

第3位:【最終結論!】エアロロードと軽量バイクどちらが速いのか? エボ VS システムシックス

【最終結論!】エアロロードと軽量バイクどちらが速いのか? エボ VS システムシックス
深い海の奥底で、宝物を発見したような気分だ。キャノンデールの新型エアロロードバイクSYSTEMSIXを調べていくうちに、興味深い開発ヒストリーを初めて知ることになった。そこにはSYSTEMSIXの技術情報だけにはとどまらず、速く走りたいと願うサイクリストたちにとって有益な情報であふれかえっていた。 今回の記事は、キャノンデールのSYSTEMSIXとSUPER SIX EVOを比較したさまざま...

科学的な実験でエアロロードと軽量バイクどちらが速いのか。その終止符を打ったデーター。来年一発目の記事はシステムシックスのインプレッションをお送りします。

スポンサーリンク

第2位:MAVIC COSMIC PRO CARBON SL UST インプレ TLカーボンクリンチャーの新基準

MAVIC COSMIC PRO CARBON SL UST インプレ TLカーボンクリンチャーの新基準
はじめに ブログで「はじめに」という章は本来不要である。しかし今回の記事に限ってあえて追加することにした。「インプレッション」とひとくくりにしているが、記事の中身といえばコスカボUSTを使った長期的な実験結果のレポートである。記事の作成が長期間に及んだ理由として、テストするタイヤや、空気圧といった無数の組み合わせパターンの消化に時間をかけたためだ。 一見すると気が遠くなるような話だが、面白...

「かならずチューブレスタイヤの時代が来る」と数年前に記事「今こそチューブレスタイヤの闇を語ろう」を書いた際、いろいろと叩かれたのがいまとなっては懐かしいですな・・・。MAVICのUSTはチューブレスタイヤの新時代を切り開きました。もはやクリンチャーには戻れません。

今年のホイールベストバイはコスカボUSTで間違いないです。

今こそチューブレスタイヤの闇を語ろう IRC FORMULA PRO インプレッション
「チューブレスタイヤは面倒だ、だからもう使わない」こんなサイクリストは日本にどれ位いるのだろう。少なくとも私はそのうちの一人だ。ビードを上げるのに苦労し、気付かないうちに空気がダダ漏れして、結局最後はクリンチャータイヤの方が良いじゃないか、という結論に至る。 しかし、私はじっくりとチューブレスタイヤに向き合ってから、その考えは大きく変わっていった。 私はロードバイク以外の機材、より厳密に言...
スポンサーリンク

第1位:VENGE DISC 長期インプレ 完結編! ディスクロードの幕が開ける。

VENGE DISC 長期インプレ 完結編! ディスクロードの幕が開ける。
*はじめに* 本記事は、VENGEを2000kmほど乗り込み、感じたこと、気づいたことをまとめている。ボイスメモや書き溜めたメモから起こしたものがほとんどであるが、その間にも各メディアや国内のレースでVENGEが話題に上がらない日はなかった。サイクルスポーツ2018年12月号のエアロロードの比較テストやツール・ド・おきなわ2018の優勝など、もはや最速のバイクとして誰も疑うことはないだろう。しか...
S-WORKS VENGE DISC インプレッション! 460g軽量化した最速のディスクロード
ざっくり言うと↓ VENGE ViASより460g軽い VENGE ViASより速い エアロと軽量化が融合した至高のディスクロード 「新型VENGEは軽くて速い」新型VENGEをひとことで言えばその1点に集約される。ディスクロードの時代がすぐそこまで訪れようとしているときに、スペシャライズドはディスクブレーキオンリーの新型VENGEをリリースした。新型VENGEはVEN...

「ディスクロードなんて流行らない」その固定概念を一気に覆した1台。もう説明不要ですね。コスカボUSTもそうでしたが、良いとわかっているもののプロダクトとして成熟しきっていないことで普及が進まない場合があります。ディスクロードの流れを一気に変えた1台。

いよいよディスクロードの時代が来ることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

来年もよろしくお願いいたします。

引き続き当ブログは、みなさんに少しでも役に立つような記事を書いていけたらと思います。ときには脱線しますが、みなさんと同じように働いて、仕事して、トレーニングして、その合間で記事を書いています。どこまで続くかわかりませんが、2019年もよろしくお願いいたします。

あ、12月16日に子供が生まれました。

プライベートは個人SNSでも一切書かないのですが思い切って報告です(汗)。仕事、子育て、家庭、記事執筆、トレーニング、レースとバランス取りながら、がんばります(汗)。子供用の便利グッツやおもちゃなどをインプレする時が来るかもしれません(笑

GREAT CYCLING RACES 2019年 カレンダー 壁掛け CL-555
ジェイスポーツ(J-Sports) (2018-10-27)
売り上げランキング: 1,511
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックが検出されました。

IT技術者ロードバイクをご覧いただきありがとうございます。
皆さまに広告を表示していただくことでブログを運営しています。

広告ブロックで当サイトを無効にして頂き、
以下のボタンから更新をお願い致します。